ファスティング方法と期待できる驚きの効果|オススメ酵素・ダイエット・体質改善

80b2916e31bc53122a7337ce8c2462dd_s

よく聞く「ファスティング」

ダイエットの為と思っている方は多いのではないでしょうか?
しかし、ファスティングにはダイエット効果に勝る効果があるのを知っていますか?

”体内の細胞を綺麗にリセットするための有効手段(体質改善)”

として脚光を浴びているのです。

 

なぜファスティングが必要なの?

近年、食で困ったという方はいないと思います。
このように、食が豊かになり食品添加物・残留農薬・遺伝子組み換え食品・有害金属など多くの有害物質が萬栄しており、食事から体内に取り込まれ健康・美容・体質に悪影響を与えています。

有害物質は、活性酸素を発生させ細胞を傷つけ、腸内環境を汚し、老化を加速させると考えられています。

ファスティングは、細胞に蓄積されたこのような有害物質を排泄してくれる美容法として脚光を浴びているのです。

水着

 

ファスティングとは?

ファスティングには、ダイエットの他にもこんな効果が期待できるのです

◆体脂肪の減少
◆肌がきれいに
◆味覚が敏感に
◆血液がサラサラに
◆肩こり・腰痛の軽減
◆冷え性の改善
◆免疫力UP
◆腸内環境の改善

ファスティングとは英語で「断食」

体内の大掃除です。

古来、断食は宗教的な儀式や精神修行の一環として行われていましたが、「病気の治療」「健康増進」「美容」が期待できるとして近年、欧米で脚光を浴び科学的研究も行われているのです。

 

<<真の目的は?>>

ただ、摂取カロリーを減らしダイエットをするものではありません。

一定期間固形物を摂取しないことで、消化器官を休ませ、腸内環境を整えることで、リパーゼやアミラーゼといった消化酵素を温存させ、停滞していた代謝酵素(細胞分裂や解毒のような生命活動をコントロールする酵素)を活性化させ、毒素の排出を高め、食品で汚れた細胞をリセットするという健康や美容のための手法です。



そもそも酵素ってなに?

体内では大きく分けて2つの酵素の働きがあります。

◆消化酵素
食べたものの消化・吸収に関わる酵素

◆代謝酵素
代謝や排せつ・細胞分裂に関わる酵素


この酵素のバランスが大切になります。体内で作られる酵素(消化酵素・代謝酵素)の量は年齢と共に減ってくるため、20代や30代を過ぎたころから「痩せにくくなった」「肌が変わった」「体形が変わり始めた」などと感じる方が多いのもこのためです。

また、過食や食品添加物によっても「消化酵素」がムダに使われ、代謝酵素が上手く回らなくなってしまうためよりバランスが悪くなります。

517d4a83b98d5dcce529154aabf82196_s

 

ファスティング中の「消化酵素」と「代謝酵素」

ファスティングを行う事で、消化活動が止まりなおかつ体外から「食物酵素」を取り入れるため、消化酵素を温存することが出来ます。
体内の潜在酵素(消化酵素・代謝酵素)は、消化に使われることがない為代謝活動や排せつに回され「代謝酵素」が活性化します。


何をやっても痩せないのは「酵素不足」が考えられます。



普段の食事によって「消化酵素」が活性化され「代謝酵素」の働きを鈍らせている可能性があります。


代謝を促す理想のバランスは「消化酵素」<「代謝酵素」



この理想のバランスをファスティングによって作り、細胞の大掃除をするのです。

 

a0002_004122

 

 

ファスティング基本ルール

▼始めは「置き換え」から

ファスティングと聞くと「断食はできない…」と、なかなか手が出ない方が多いと思います。
まずは、消化酵素を温存させることが大切ですので「置き換え」から始めてみましょう。

「朝食・夕食の置き換え」です。

酵素にも、沢山ありどれを選んだらいいの?と悩んでしまいます。
オススメは「エステプロラボ」さん
モデルやスポーツ選手・女優さんインスタグラムで人気のあの方もオススメしているこだわり抜いた酵素

◆老化の原因「サビ」に特化した製品

◆国内産野菜&果物を使用

◆水で薄めていない酵素濃縮液

◆人工培養酵母を使用しない天然複合酵素使用

◆非加熱製法(熱で酵素を殺さない)

◆白砂糖を使用しない

ザ・グランエンザイム

20160425023456
※果物や野菜のスムージーに酵素を入れるのもオススメ

 

酵素の浪費を避けるOKフード

62b84a9ff9513c663a4f49afecab455b_s

◆生野菜・果物
酵素が豊富です。野菜や果物の酵素を効率的に摂取するには「すりおろし」「スムージー」がオススメ
そのまま食べるよりも数倍の酵素が摂取できます。

◆発酵食品
発酵食品には、酵素がたっぷりと含まれており善玉菌を増やす乳酸菌が豊富です。
乳酸菌には「植物性」と「動物性」がありますが、納豆や味噌には生きたまま腸に働きかける「植物性乳酸菌」が多く含まれています。

◆低GI食品
高GI値は、一気に血糖値が上がりますが逆に低GI値は、ゆっくりと血糖値が上がりゆっくりと吸収されます。
オススメGI食費品
玄米・雑穀ごはん・全粒粉パン・そば・全粒粉パスタなど

酵素を大量消費するNGフード

◆白砂糖
白砂糖の成分は「ブドウ糖」と「果糖」がくっついて出来ています。結合していることで吸収分解するために沢山の酵素を消費してしまいます。

◆食品添加物
現状、日本人の食品添加物の摂取量は年間で数キロ単位にもなるそうです。
食品添加物は酵素の働きを妨げるため、出来るだけ取らないようにしましょう。
×亜硫酸ナトリウム・リン酸塩・食品赤色2号・酸化防止剤・ソルビン酸Kなど

◆過酸化脂質・トランス脂肪酸
「過酸化脂質」とは酸化した油の事です。
時間が経ったフライ・天かす・スナック菓子・乾麺など、時間が経過すると油は酸化します。
マーガリンやお菓子に使われるショートニングに含まれる「トランス脂肪酸」は、悪玉コレステロールを増加させ善玉コレステロールを減少させると言われているので摂取には気を付けましょう。

ザ・グランエンザイム
▶▶白砂糖不使用酵素★詳細はこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る