【鳩の駆除方法・駆除業者を知りたい】ハトの糞・病気が気になる

UNI125135929_TP_V

ハトが居座ると起こる被害は?

ハトは、害を持つものではありませんが、定期的にやってきたり巣を救ってしまっては被害がどんどん大きくなります。

どんな被害が起こるのでしょうか。

 

◆鳴き声がうるさい➡人が会話をするようにハトも会話をしています。「この場所は安全だよ」「ここに餌があるよ」など、繰り返し鳴きます。昼間ならまだ許容範囲ですが、早朝や夜中に毎日鳴かれてはうるさくて精神的にも参ってしまいます。

 

◆糞の掃除が大変➡ハトの糞には感染症の原因となるカビ菌が含まれています。糞を放置して乾燥してしまうと、空気によって飛沫し、呼吸により人体に入ってしまいます。子供や高齢の方が吸い込んでしまうと感染症を発症してしまう可能性もあります。

 

◆衛生的に問題➡ハトには体内にダニやシラミなどが寄生しています。これらの寄生虫には、人を刺しアレルギーを引き起こすものもいますので注意が必要です。

◆品物・商品がダメになる➡工場や倉庫などに居座ってしまっては、糞で品物や商品がダメになるケースが報告されています。ハトの糞は「強い酸性」のため放置してしまうと腐敗や劣化が進んでしまいます。早めに対処をしなければ多大な被害が起こってしまいます。

 

 

ハトっは放置してても大丈夫?

ハトが居座る場合は、ハトがその場所を安全な場所と認識をしているからです。放置をしてしまっては、ここは安全な場所だと思い「巣」を作り始めます。

 

まずは休憩をしてみて安全性を確認し、徐々に居座る時間を長くしても安全が確保されることが分かると、本能的にここは安全な場所だと確信し巣を作り始めるのです。

 

休憩場所➡まず、休憩にやってきて安全に時間を過ごせるとハトの中でここは安全な場所だなと認識されます。休憩している間の糞の被害が一番多く上がっています。

 

待機場所➡休憩をし安全だと認識したハトは、餌を探している間などに休憩する場所として定住し始めます。長時間待機し始めますので、糞の量が増え始め被害が拡大していきます。

 

ねぐら場所➡ここは安全だと認識したハトは、巣作り場所としてまずはねぐら場所として定住し始めます。今までは、朝方から夕方までと明るい時間帯に来ていたハトが夕方から夜にかけて滞在し始めます。

 

巣作り場所➡ねぐらとして安全だと認識をしたハトは巣を作り始めます。繁殖する場所なので、巣を作り始めたら縄張り意識や本能からなかなかその場所から逃げてはくれません。

 

ハトの駆除方法は?

ハトは鳥獣保護法で守られているため、勝手に確保したり殺したりすることが出来ません。

ここは安全ではありませんよ。とお知らせをしなければいけません。しかし、ずーっと見張っているわけにもいかず…

ネットを張ったりして対策をしている方も多い様ですが、ネットを張れる範囲にも限りがあります。

 

そんな方にオススメしたいのが、3年保証もついてハト駆除率100パーセントの「鳩トリック」

◆インターネット申し込み限定で10パーセントOFF

◆無料相談・無料見積もりがあるので一度利用してみて下さい。

 

 

<<特徴>>

鳩以外の動物にも人体にも影響のない、独自開発の植物性鳥防止剤を使用します。

人体にも影響がないため「病院」「高齢者が入居する医療機関」「学校」でも幅広く使用されています。

動物には苦手な臭いや成分があります。この製品は、ハトが嫌いな成分を徹底的に研究し作られたものになります。

苦手なものなので、決して死ぬわけではなく寄せ付けなくするのです。


ここ
鳩対策施工
ここ



ここ
鳩対策施工

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る